文字サイズ

  • 標準
  1. Home
  2. 部門紹介
  3. 薬剤科

薬剤科

私たち病院薬剤師に最も大切なことそれは、患者様が、安全に薬を使用できるために努力することです

笠幡病院では、2015年度から、総合病院で働いていた薬剤師2名を配置させました。

昔ながらの手作業の調剤から、コンピューターや最新医療機器を導入し、総合病院にも引けを取らない医療を提供するための改革を続けています。

笠幡病院薬剤師は、日本の療養病院の理想を目指し、患者様の安全を守るため、医師や看護師と協力しながら仕事をしています。

薬剤科
薬剤科

外来患者様へ

笠幡病院では、院内の薬局で薬剤師がお薬を調剤しています。

毎回、コンピューターで過去の服用歴を確認しています。お薬手帳をお持ちの場合は、確認させて下さい。他の病院の薬との飲み合わせも確認させていただいています。

お薬手帳を持っていただくことをお勧めします。お薬手帳が無いと、他の病院でお薬を使用している場合、お薬の併用による事故を防げないことがあります。大規模災害時にお薬手帳を持っていないと、治療が継続できないかもしれません。東日本大震災では、お薬手帳を持っていなかった人は、大変だったそうです。

院外処方箋の発行も可能ですが、笠幡病院の近くに調剤薬局はありません。又、処方しても、調剤薬局に必要な薬が置いていない場合がありますので、院内薬局での調剤をお勧めします。

笠幡病院は、ジェネリック医薬品の使用を推進しています。安価なジェネリック医薬品を利用しないと、日本の医療費は増大するばかりです。日本の将来のため、ご理解とご協力をお願い致します。

お薬のことは、薬剤師にお気軽にお尋ねください。

薬剤科

入院患者様とご家族様へ

笠幡病院は、入院されている患者様に、薬剤管理指導業務を実施しています。これは、お薬の説明をするということだけではなく、患者様の状態や副作用が出ていないかを確認し、医師及び看護師と情報共有して治療方針の決定に生かしています。入院患者様により安全に薬を使用していただくために実施しています。

笠幡病院では、中心静脈から栄養を補給されている方を対象に、クリーンベンチという設備で無菌的に輸液に薬剤を混ぜています。これは、療養病院ではめずらしい設備です。これにより、感染症の危険性を減少させることができます。こちらもより安全な入院生活を送っていただくために導入しています。

薬剤科