文字サイズ

  • 標準
  1. Home
  2. 病院案内
  3. 診療方針

基本理念

愛し愛される病院

理念の実行方法

  1. 医療・看護・介護サービスの向上に努める。
  2. 地域住民の医療・介護・福祉に貢献する。
  3. 関係機関と密接な連携を推進する。
  4. 医療職員の自覚と、常に学び、研修、教育の充実を図る。
  5. 笑顔を忘れず誠意をもって接する。

平成30年度基本方針

  1. 患者中心の医療の推進

    患者の意思を尊重した医療の提供及び他職種の専門チームによる積極的な介入に取り組みます。

  2. 地域と密着した医療の実践

    医療と介護の連携強化に努め、在宅医療サービスの強化を目指します。

  3. 健全経営の継続

    中長期計画実現に向けた目標管理や適正人員・適正配置の執行に努めます。

  4. 人材の育成

    次世代を担う人材育成と働き方支援に努め、職員の個別能力評価・能力開発に努めます。

  5. 継続的質改善の取り組み

    施設基準を遵守するための体制の継続及び第三者評価の受審による改善活動の継続に努めます。

患者権利章典

私たちは、患者さまが、安心できる医療をめざしております。患者さまの権利を尊重し、患者さまとご家族が医療に対し主体的に参加できるよう努力し、ここに「笠幡病院患者さま権利章典」を制定します。

患者さまの権利の尊重

  1. 適切な医療を受ける権利

    社会的身分信条、性別、障害の有無などに関わらず、病気の種類などにより差別されることなく、良質な医療を公平に受ける権利があります。

  2. 人権を尊重される権利

    患者さまの人格、価値観などを尊重して、両者が互いに協力し合いながらより良い医療を受ける権利があります。

  3. 医療情報、説明を受ける権利

    自分の病気の症状や、治療の方法に対して知ることができ、他の治療方法の有無などについて、理解できるまで十分な説明を受ける権利があります。

  4. 医療行為を選択する権利

    自らの受ける治療方法や検査などの内容について、その目的や方法、効果や副作用等に関して十分な説明を受け、これに基づきその医療を受けるかどうか判断する権利があり、十分な説明を受け納得した上で、医療の内容や医療機関を選ぶことができます。また、他の医師の意見(セカンド・オピニオン)を聞くこともできます。

  5. プライバシーを尊重される権利

    診療に関する個人情報やプライバシーは厳正に保護される権利があります。

個人情報の利用目的

当院における個人情報の利用目的です。

個人情報の利用目的

患者さまの責務

  1. より良い医療を受けるために、患者さま自身の健康に関する情報を出来るだけ正確にお伝え下さい。
  2. 他の患者さまの医療に支障を与えないよう定められた規則をお守りください。
  3. 納得できる医療を受けるために、医療に関する説明が良く理解できない場合は納得できるまでお尋ねください。