文字サイズ

  • 標準
  1. Home
  2. 禁煙外来のご案内

禁煙外来のご案内

2011年7月1日から、当院で保険適応の禁煙治療が可能となりました。保険給付の対象は、以下の条件を満たす方です。

  1. 直ちに禁煙しようと考えている方
  2. 『ニコチン依存症のスクリーニングテスト』の結果が5点以上の方(下記参照)
  3. ブリンクマン指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が200本以上の方
  4. 禁煙治療を受けることを文書により同意していただける方
受付時間

月~土 午前9時~12時

担当医

院長 福留健之

禁煙治療のスケジュール・料金

禁煙治療には6回の受診が必要です。

初 回診察、ニコチン依存度評価や禁煙スケジュール、治療薬について3,140円
3週間後ニコチン離脱症状と治療薬の使用状況の確認3,040円
5週間後禁煙継続にあたっての問題点の把握とアドバイス3,070円
7週間後診察後、禁煙補助薬の最終投薬2,490円
9週間後禁煙継続にあたっての問題点の把握とアドバイス3,040円
11週間後今までの期間の振り返り、アドバイス3,050円
計17,830円

※料金表は院内処方の3割負担の方の一例です。
※他の疾患と合わせてかかる場合は、別途料金が発生します。

タバコ約45箱分で禁煙できます!

※1箱400円の場合

ニコチン依存症のスクリーニングテスト
  • □ 自分が吸うつもりよりも多くタバコを吸ってしまうことがある
  • □ 禁煙や本数を減らそうと試みたが、できなかったことがある
  • □ 禁煙したり本数を減らそうとした時、タバコが欲しくてたまらなくなる
  • □ 禁煙したり本数を減らした時に以下の症状がある
    (イライラ、神経質、集中できない、憂鬱、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手の震え、食欲や体重の増加)
  • □ 前項の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがある
  • □ 重い病気の時でも、タバコは良くないと分かっているのに吸うことがある
  • □ タバコで自分に健康問題が起きていると分かっていても吸う
  • □ タバコで自分に精神問題が起きていると分かっていても吸う
  • □ 自分はタバコに依存していると感じることがある
  • □ タバコが吸えないような仕事や付き合いを避けることが何度かある

※5項目以上該当した場合、ニコチン依存症と診断されます。

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。
笠幡病院

049-232-1231